TNG The Next Generation

2022年2月20日 顕現後第7主日

福音書 ルカ6:27〜38
第一の日課 創45:3〜11,15
第二の日課 1コリ15:35〜38,42〜50

今週の聖句

「あなたがたの父が憐れみ深いように、あなたがたも憐れみ深い者となりなさい。」
ルカによる福音書6章36節

ねらい

赦すことができない人間の心と赦してくださる神の愛

説教作成のヒント

友だちに悪いことをされても赦してあげましょうというような道徳訓にならないように注意する。

理不尽を我慢するのではなく、理不尽を変えていく神の愛に委ねることができると伝える。

豆知識

現代では度量衡に国際基準があり、1グラムは世界中どこに行っても1グラムで計量されますが、昔は地域によって秤の基準が異なっていたので、同じ1グラムでも使う秤によって異なる重さでした。

説教

学校で嫌なことをされたことがありますか。そういう時に大人から仲良くしましょうと言われて「ごめんなさいって言って謝ってるんだから赦してあげましょうね」と言われたりした経験がありますか。今日の聖書のお話には「敵を愛し、あなたがたを憎む者に親切にしなさい。悪口を言う者に祝福を祈り、あなたがたを侮辱する者のために祈りなさい」と書かれています。悪いことをする人をも神様は愛しているのだから、私たちも嫌なことをされたって赦してあげましょうと言っているのでしょうか。そんなことはありません。嫌なことをされたら、はっきり嫌だと言いましょう。我慢することはありません。仲良くすることは大事ですが、嫌な思いを我慢してまで仲良くすることは、本当に仲良くしていることにはなりません。赦せないことは赦せないと言って良いのです。相手は悪気があって嫌なことをしているのではなくて、嫌なことだと気づかないでしているかもしれません。だから、相手にちゃんと伝えた方が良いのです。そうすることで本当の仲直りにつながります。嫌だと感じる基準は人それぞれです。同じことでも嫌だと思う人もいれば楽しいと思う人もいます。人によって赦せることもあれば、赦せないこともあります。私たちは一人ひとり形の違う物差しや秤で物事を判断しています。もしかしたら自分も誰かを悪気なく知らない間に傷つけたり嫌な思いをさせたりしているかもしれません。イエス様は「あなたがたの父が憐れみ深いように、あなたがたも憐れみ深い者となりなさい」と私たちに語っています。これは我慢して赦しなさいと言っているのではなく、自分の物差しや秤が絶対に正しいと考えて、相手に仕返ししたり傷つけたりしないでほしいという神様の思いです。仕返しは人間のすることではないと聖書に書いてあります。神様は傷ついたあなたを癒すと同時に、誰かのことを傷つけたあなたを癒してくださいます。

(執筆:多田 哲牧師)

分級への展開

さんびしよう

*讃美歌は”こどもさんびか”(日キ版)より

やってみよう

はなしてみよう

どうしても赦せないことがありますか、もしあれば、どうしますか。

人それぞれ物事の基準は違いますが、神様はどのように私たちを見ていると思いますか。

印刷用レイアウト

次の日課へ ホーム 前の日課へ